平成22年度CSR取り組み

CSR取り組み理念

SBJ銀行は、「社会から愛される銀行」という経営理念のもと、CSR(企業の社会的責任)を企業活動の重要な柱として位置づけております。こうした理念のもと、昨年度におきましては、開業記念「プレミアム定期」預金キャンペーンにより得た収益の一部の寄付、小学校への講師派遣、エコキャップ推進運動などの施策を実施いたしました。
今年度におきましては、SBJ銀行ならではの取り組みとして、日韓交流の一層の促進を図るべく、Webサイトを活用した留学支援活動の実施、韓国語講座の実施、「SBJ銀行見学デー」の開催などを通じた金融経済教育の充実などの施策を中心に展開してまいります。
今後ともSBJ銀行ならではのCSR活動を展開してまいる所存でございますので、変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

株式会社SBJ銀行
代表取締役社長 宮村 智

CSR取り組み計画

具体的施策 施策概要
社会貢献型預金
キャンペーンの実施
預金キャンペーンによる預金金利の一部を社会貢献目的で寄付
日韓交流の一層の促進 Webサイトを活用した留学支援活動の実施
韓国語講座および韓国料理講座の開催
金融経済教育の充実 小学校への出張講座の実施
小学生を対象とした「SBJ銀行見学デー」の開催
地域貢献活動の充実 地域清掃ボランティア活動の実施
野外生活者および高齢者住人への食糧等支援活動を実施
「博多港・海のスケッチコンクール」への後援活動
上本町近隣の組合と連携した花を咲かせるプロジェクトの実施
特別養護老人ホームへのボランティア活動の実施
四天王寺ワッソへの参加
社会的責任活動に関する
行内取り組みの充実
AED(自動体外式除細動器)施設の設置
WebサイトにおけるCSRコンテンツの充実
「チャレンジ25キャンペーン」(環境省所管)への参加
ペットボトル・空き缶のプルトップ・使用済切手の収集等を
通じた支援活動の実施
裏紙を再利用したメモ帳の作成およびお客さまへの配布
行内ペーパーレス化活動の一層の推進
CS向上研修会の実施
「オフィス弁当デー」の制定(毎月1回)を通じたごみ削減活動の実施
クールビズ・ウォームビズの継続、行内ペーパーレス化活動の一層の推進

CSR活動

社会貢献型預金キャンペーンの実施

1.預金キャンペーンによる預金金利の一部を社会貢献目的で寄付

当行は、日本と韓国の経済の架け橋として、両国間の企業進出等を金融面から支援することはもとより、両国間の文化・教育面等においても架け橋となれるよう努力したいと考えているところである。こうした認識のもと、預金キャンペーン等営業活動により得た収益の一部から下記の団体・活動に対して寄付を実施した。

文化
  • 四天王寺ワッソ
教育
  • 東京韓国学園
その他
  • 在日本大韓民国民団中央本部
  • 在日本大韓民国婦人会中央本部
  • 在日金融協議会
  • 東京会
  • 民団体育大会
  • 日韓交流祭り

日韓交流の一層の促進

2.Webサイトを活用した留学支援活動の実施

日韓交流の一層の促進を図る観点から「韓国留学Q&A」を策定し、当行Webサイトに掲載したほか、当行Webサイトのコンテンツである「韓国情報館」に韓国留学に関する情報を多数掲載するリンク集を追加するなどの改訂を実施した。

韓国関連インフォメーション

3.韓国語講座および韓国料理講座の開催

日韓交流の一層の促進を図る観点から、韓国語学習入門者を対象とした韓国語初級講座を実施した。

金融経済教育の充実

4.小学校への出張講座の実施

小学生に対して、お金の価値や流れに興味を持ってもらうことで、幅広いものの見方ができる人づくりに貢献することを目的に、下記の小学校へ講師派遣を行い、出張講座を開催した。

出張講座の概要
  • 開催校:東京都台東区立 平成小学校
  • 対象:6学年2クラス
  • 開催日:2010年12月21日
  • 講師:2名派遣
  • 使用教材:「くらしと金融」(出典:金融庁)

5.小学生を対象とした「SBJ銀行見学デー」の開催

銀行での社会体験学習の機会を提供すると同時に金融経済への興味をもってもらうことを目的に、小学生(3年~6年)を対象とした「SBJ銀行見学デー」を開催した。

上野支店にて下記内容にて開催
  • 授業(銀行の仕事と金融の仕組みについて)
  • 銀行内見学(営業室、金庫など)
  • 体験(窓口体験、札束勘定など)
  • 記念撮影、軽食、グッズ贈呈

地域貢献活動の充実

6.地域清掃ボランティア活動の実施

地域貢献活動の一環として、下記のとおり、地域清掃ボランティア活動を実施した。

上野支店

地域貢献活動の一環として、上野支店周辺の近隣地域(東京都台東区東上野1丁目)において、地域清掃活動を実施(9月29日・10月22日・11月26日・12月17日)。

横浜支店

地域貢献活動の一環として、横浜市中区が主催する下記行事に参加し、地域清掃活動を実施。

  • 「中区クリーンアップDAY」(5月29日)
  • 「APECウェルカムクリーンアップ」(10月23日)
大阪支店

地域貢献活動の一環として、葛城山並びに近隣地域において、地域清掃活動を実施(5月22日・12月7日)。

上本町支店

地域貢献活動の一環として、葛城山並びに上本町支店周辺の近隣地域において、地域清掃活動を実施(5月22日・12月1日)。

福岡支店

地域貢献活動の一環として、博多港国際ターミナルにおいて、地域清掃活動を実施(9月28日・10月21日)。

7.野外生活者および高齢者住人への食糧等支援活動を実施

地域貢献活動の一環として、野外生活者および高齢者住人への食糧等支援活動を下記のとおり実施した。

横浜支店

地域貢献活動の一環として、横浜市中区にあるNPO法人さなぎ達が主催する「さなぎの食堂」にて調理補助等のボランティア活動を実施。ボランティア活動終了後、食糧支援としてお米を同団体へ寄付。

大阪支店

地域貢献活動の一環として、チャリティ募金を通じて、大阪新今宮の野外生活者に寄付。野外生活者への食糧物資および衣服の提供を実施した(2009年12月21日)。

8.「博多港・海のスケッチコンクール」(国土交通省主催)への後援活動

文化・社会貢献活動の一環として博多港・海のスケッチコンクールへの協賛を実施した。

コンクール概要

幼稚園・保育園の園児、小学校の児童を対象としてスケッチを募集し優秀者を表彰。入賞作品は博多港国際ターミナルのロビーに展示される。

活動概要
  • スケッチコンクール開催に協賛
  • 表彰式へ参加

9.上本町近隣の組合と連携した花を咲かせるプロジェクトの実施

地域貢献活動の一環として、上本町支店前の交差点にSBJ銀行のネームプレートを入れた花壇を設置し、季節ごとのさまざまな種を植え、花(春~夏:サフィニア・ニチニチ草・ダリア・ベゴニア等、冬:ビオラ)を咲かせた。

10.特別養護老人ホームへのボランティア活動の実施

地域貢献活動の一環として、東京都港区の特別養護老人ホーム(訪問介護デイサービス施設)へのボランティア活動を実施した(実施日:2010年9月30日)。

活動概要
  • レクリエーションタイム(14時00分~15時00分)・当日行ったゲームへの参加・9月お誕生会への参加
  • フリータイム(15時00分~16時00分)・カラオケ大会への参加・何名かのお客さまと談話

11.四天王寺ワッソへの参加

  • 地域貢献活動の一環として、日韓交流を主眼とした四天王寺ワッソに参加した。
  • 本店・大阪・上本町支店職員と共同でSBJ銀行専用ブースを設置しノベルティグッズを配布

12.AED(自動体外式除細動器)施設の設置

顧客保護に関する取り組みを一層図ることを目的にお客さまの万が一に備え東京支店内にAED(自動体外式除細装置)施設を設置。併せて、AED使用に係る研修会を開催。

13.WebサイトにおけるCSRコンテンツの充実

環境に関する用語集を作成することで環境意識の向上を図り、もって社会的責任(CSR)活動に関する意識を醸成する観点から、CSR用語集(以下掲載例)を作成のうえ、当行Webサイトに掲載した。

CSR用語集

14.「チャレンジ25キャンペーン」(環境省所管)への参加

全営業店にて環境省が主催する「ライトダウンキャンペーン」(期間:2010年6月21日、同年7月7日)に参加するほか、CO2削減による地球温暖化防止および企業の社会的責任(CSR)に対する取り組みの一貫として、全役職員を対象とした「クールビズ(夏季の軽装勤務)」(期間:2010年6月1日~9月30日)、「ウォームビズ」(2010年10月1日~2011年2月28日)を実施。

15.ペットボトル・空き缶のプルトップ・使用済切手の収集等を通じた支援活動の実施

上野支店

リサイクルを通じた社会貢献活動の一環として、ペットボトルのキャップを収集し、NPO法人へ収集キャップの寄付を通じて発展途上国の子供たちにワクチンを贈る支援活動の実施。

横浜支店

リサイクルを通じた社会貢献活動の一環として、ペットボトル・空き缶のプルトップ・使用済切手を収集し、NPO法人へ収集キャップの寄付を通じて発展途上国の子供たちにワクチンを贈る支援活動の実施。

16.裏紙を再利用したメモ帳の作成およびお客さまへの配布

ペーパーレス化によるCO2削減に関する取り組みを一層強化する観点から、裏紙を再利用したメモ帳の作成およびお客さまへの配布活動を実施した。

17.行内ペーパーレス化活動の一層の推進

ペーパーレス化によるCO2削減に関する取り組みを一層強化する観点から、2010年8月より、行内各種会議体(取締役会等)の席上資料を「iPad」により実施した。

18.CS向上研修会の実施

CS意識を向上させ、顧客保護等に役立てるため、全役職員を対象に下記研修プログラムを実施(6月1日~6月15日)。

研修プログラム
  • 当行におけるCSの指針であるCSの手引きの理解
  • 職員行動規範である新韓WAYの理解

19.「オフィス弁当デー」の制定(毎月1回)を通じたごみ削減活動の実施

「オフィス弁当デー」の制定(毎月1回)を通じたごみ削減活動の実施

20.クールビズ・ウォームビズの継続

CO2削減による地球温暖化防止および企業の社会的責任(CSR)に対する取り組みの一貫として、全役職員を対象に「クールビズ(夏季の軽装勤務)」(期間:2010年6月1日~9月30日)、「ウォームビズ」(2010年10月1日~2011年2月28日)を実施した。

その他の取り組み

  • 「献血活動」社会貢献の一環として月次で献血活動を実施。(東京支店)
  • 「稲刈りボランティア活動」地域社会への共生を通じた地域貢献活動の一環として実施。(東京支店)
  • 「マイコップの使用推進活動」環境問題の意識の醸成を図る観点からマイコップ使用推進活動を実施。(東京支店・横浜支店)
  • 「ゴルフ大会でのチャリティ募金による民族学校への寄付」チャリティ募金を学校に寄付。(大阪支店)
  • 「花見・夏祭りへのボランティア活動」地域貢献の一環として花見・夏祭りに参加し、清掃・後片付け・寄付を実施。(上本町支店)
  • 「盲導犬普及チャリティコンサートへの参加」視覚障害を持つ方への理解を深め、入場料を盲導犬育成に充てるチャリティに参加。(上本町支店)