経営理念・社長ご挨拶

経営理念

  • 顧客から愛される銀行
  • 社会から愛される銀行
  • 株主から愛される銀行
  • 社員から愛される銀行

社長ご挨拶

 平素よりSBJ銀行をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。
当行は2009年9月に開業し、11年目を迎えておりますが、この間多くのお客さまのご支援とご愛顧を賜り、順調な歩みを続けております。

 前期(2019年度通期)を振り返りますと、前半は堅調な設備投資や個人消費の下支えによって緩やかな景気回復が見られましたが、後半は消費増税や新型コロナウイルス感染症の影響拡大等が景気の下押し要因となり、輸出と個人消費を中心に弱い動きとなりました。

 このような情勢の下、当行は「10年後を展望した健全な成長と永続性の確立に向けた取組みの実行」を2019年度の戦略目標に掲げ、「新規事業成果の顕在化」「経営管理体系の改善」「リスク/健全性の管理」を基本方針として、各種事業に取組むとともに、戦略目標の達成に努めてまいりました。決して順風とは言えない事業環境の中、一つひとつの取組みを地道に積み重ねたことが奏功し、2020年3月末の総資産は8,708億円(前期比1,155億円増)となり、通期の経常利益は前期比15億円増の102億円となりました。

 なお、国内外に感染拡大した新型コロナウイルス感染症が、経済に深刻な影響を及ぼしています。当行としても、今年3月上旬に特別相談窓口を設置以降、経営や資金繰りに影響を受けられた事業者のみなさまの支援に、総力を挙げて取組んでおります。引き続き、金融機関としての責務を果たしてまいる所存です。

 今後とも、お客さまの様々なニーズにお応えできるよう商品・サービスのさらなる拡充を図りながら、デジタル技術を活用した新事業の取組みを推し進め、経営基盤の充実に努めてまいる所存でございます。また、引き続き「日韓経済の架け橋」という当行ならではの役割も果たしてまいります。この前例のない困難な状況下、微力ながらお客さまの一助となるべく、役職員が一丸となって精一杯の努力を続けてまいりますので、今後とも変わらぬご支援とご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2020年7月
株式会社SBJ銀行
代表取締役社長 晋 玉童