API連携サービス

概要

API連携サービスとは、当行の普通預金口座を保有しているお客さま向けに提供しているバンキングサービスの一部機能およびお取引に関する情報を、お客さまのご同意のもと、外部の事業者(以下「API接続業者」といいます)が提供するサービスと連携させることが可能となるサービスをいいます。

メリット

API連携サービスをご利用いただくと、お客さまのログインIDやログインパスワードをAPI接続業者に開示されることなく、より強化されたセキュアな状態でAPI接続業者のサービスをご利用いただくことができます。なお、本サービスは無償でお客さまへご提供させていただきます。

ご利用範囲

現在お客さまが利用することのできるAPI連携サービスは、以下になります。

参照系APIサービス
お客さまの口座残高や入出金明細等のお取引に関する情報を、API接続業者が提供しているサービスを介して、お客さまに提供するサービスをいいます。

ご利用方法

  • API接続業者のサービス画面より、SBJ銀行のAPI連携サービス利用登録画面に遷移してください。
  • API連携サービス利用登録画面より当行のサイトに遷移し、SBJ銀行「SBJダイレクトAPIサービス利用規定」を確認してください。
  • 当行のログインID/ログインパスワードを入力してください。
  • 完了画面からAPI接続業者のサービス画面に遷移し、API連携サービスの利用登録が完了します。

関連情報

APIサービス利用規定はこちら

お問い合わせ

デジタルグループ(openapi@sbjbank.co.jp