利益相反管理方針

株式会社SBJ銀行(以下、当行といいます。)は、当行およびグループ会社(以下、当行グループといいます。)とお客さまの間、並びに当行グループのお客さま相互間において、お客さまの利益が不当に侵害されることが無いよう利益相反のおそれのある取り引きを管理し、お客さまの保護に努めます。

利益相反のおそれのある取り引きの類型

当行は、お客さまの不利益のもと、当行または当行のグループ会社が利益を得る状況が存在し、かつ、当該状況がお客さまとの間の契約上または信義則上の地位に基づく義務に違反するものを利益相反管理の対象となる利益相反のおそれのある取り引き(対象取り引き)として管理します。なお、対象取り引きに該当するか否かは、個別具体的な事情に応じて決まりますが、対象取り引きに該当するおそれのある取り引きの類型は以下のとおりです。

  顧客と当行 顧客と当行の他の顧客
利害対立型 顧客と当行またはグループ会社の利害が対立する取り引き 顧客と当行またはグループ会社の他の顧客との利害が対立する取り引き
競合取り引き型 顧客と当行またはグループ会社が同一の対象に対して競合する取り引き 顧客と当行またはグループ会社の他の
顧客とが競合する取り引き
情報利用型 当行が顧客との関係を通じて入手した情報を利用して当行またはグループ会社が利益を得る取り引き 当行が顧客との関係を通じて入手した情報を利用して当行またはグループ会社の他の顧客が利益を得る取り引き

利益相反管理体制

適正な利益相反管理のため利益相反管理統括部署を設置し当行およびグループ会社全体の情報を集約するとともに対象取り引きの特定および管理を一元的に行います。

利益相反管理方法

対象取り引きの管理方法として以下に掲げる方法その他の措置を適宜選択し、あるいは組み合わせて講じることにより利益相反管理を行います。

  1. 情報隔壁の設置による部門間の情報遮断
  2. 対象取り引きおよび当該お客さまとの取り引きの一方または双方の条件または方法の変更
  3. 対象取り引きおよび当該お客さまとの取り引きの中止
  4. お客さまへの利益相反状況の適切な開示とお客さまの同意

評価・改善活動

当行は、利益相反管理状況等に関する報告・調査結果等を踏まえ、利益相反管理態勢の実効性を検証し、適時に利益相反管理規程等の内容、組織体制、研修・指導の実施、モニタリングの方法等の改善に努めます。

管理対象となる会社

当行、株式会社新韓銀行、新韓金融投資株式会社を管理対象とします。